インプレフォトワークは関東(東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 山梨 静岡)を中心に活動する初心者向けの風景写真の団体です。常時初参加の方やビギナーの方のご参加を募集しております。皆さんとで感動的なフォトワークをしましょう。

Feel, think, go to the further step all together (^ー^)/

風景写真の撮影に必要な装備やアイテム

高地であるがために、下界と異なり様々なアイテムや装備が必要となります。行動中や待機中などに必要なものをご紹介致します。

<撮影時の必須アイテム>

カメラ:一眼レフ(フルサイズもしくはAPS-C)、コンパクトデジタルカメラ、携帯カメラの何れか(初めての方はご無理にカメラを買わないで下さい。2度買いを避ける為に一度お越し頂いてから、ご購入をして下さいませ。)

レンズ:APS-Cサイズで18-200mm以上必要です。広角も望遠時も撮影は可能です。

レリーズ:夜間撮影には必ず必要です。デイライトでは手ブレも抑えてくれます。

バッテリー予備x2と充電器
カメラケース:カメラやレンズ三脚以外の撮影アイテムが入るもの(小分けに出来ればリュックでも可能です。)

カメラ防水カバー:雨や朝露を防いでくれます。カメラサイズに合うものであればOKです。

記録メディア:SDカードは8GB以上のものを2,3枚 / コンパクトフラッシュもしくはフィルム、
レンズクリーナー:朝夜は露が出る為にレンズを吹きます。

ブローワー:カメラやレンズについたチリやホコリを吹き飛ばしてくれます。

あると良いです⇒フィルター:UVフィルター(レンズの保護)、PLフィルター(不必要な光の乱反射を防いでくれます。)

<夜間撮影や未明時に必要なもの>

三脚:メインのパイプ口径(一番太い部分)が22mm~28mmのカーボン製のもの軽くてしっかりとしているのでお薦めです。(ストーンバッグがあれば操作性が上がるので尚良いです。)

レリーズ:夜間撮影にはバルブ撮影をするので長時間露光となり必ず必要です。

ペンライト:夜間撮影中は他にもカメラマンがいるので、あまり明る過ぎると他のカメラマンに迷惑がかかります。

アラーム式のタイマー:長時間露出の時に時間を計る為に必要です。

<カメラ以外の装備や服装>

リュック30L以上(車や宿から近くに撮影場所がある場合)

トレッキングシューズ:足首を覆ってくれるハイカットのもの

ヘッドライト:ご来光などは夜中に行動をしますのでなるべく明るいものをお持ち下さい。

雨具:雨風を防いでくれます。

山の服装:パンツ、長袖のシャツ、フリースなどの化学繊維の衣類(*インプレで言うとグレードCクラスの装備)

ダウン:撮影場所は基本的に高地にあり、朝夜の待機時間が長いことが多いため

手袋、温泉セット(冬期はホカロンが必要です。)